【11月11日・12日】がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会

開講済

基本内容

開催日 2017年11月11日(土) ~ 2017年11月12日(日)
回数 全2回
時間 11/11(土)8:45~17:15、11/12(日)8:30~17:00
受講料 無料(一般) 無料(本学学生) 無料(一般学生) 無料(本学教職員)
場所 聖路加国際大学 聖路加臨床学術センター4階シミュレーションセンター
対象・定員 対象者 : 原則「区東部(墨田区、江東区、江戸川区)」においてがん診療に携わる医師、および聖路加国際病院の医師
※対象地域以外の方もお申込みいただけますが、定員を超えた場合には対象地域の方が優先となりますのでご了承ください。
※なお、当院ではプログラム内容を考慮し、初期研修医2年目以降の方を対象といたします。

募集人員 : 40名(聖路加国際病院の医師を含む)
※定員に達し次第、締め切らせていただきます。

参加料 : 無料 <但し、昼食代(両日)等として2,000円を当日会場にて頂きます。>

講座の内容

当研修は「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催について(平成20年4月1日付け健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)」に準拠した緩和ケア研修会となっており、全てのがん診療に携わる医師が数年以内に受講することが推奨されています。
修了者には厚生労働省から修了証書が交付され、どこの病院でも使えます。
皆様の受講申し込みをお待ちしております。

※本研修会は、2日間全セッションの受講が研修修了(修了証は後日交付)の条件となります。
※途中退席があった場合、修了証を授与することはできません。

ご案内詳細はこちらから
タイムテーブルはこちらから

講座スケジュール

日程 曜日 講座内容 講師
1 2017/11/11 M-1a開会・開催にあたって
M-2a緩和ケア概論-患者の視点を取り入れた全人的なケアを目指して-
M-2bつらさの包括的評価と症状緩和
M-3がん疼痛の評価と治療
M-5オピオイドを開始するとき
M-6a呼吸困難
M-6b消化器症状
オリジナル 納得して過ごすために
林 章敏
小林 剛
鈴木 正寛
長 美鈴
中村 めぐみ
2 2017/11/12 M-7a気持ちのつらさ
M-8コミュニケーション(ロールプレイと講義)
M-7bせん妄
M-7c不眠
M-4がん性疼痛事例検討
M-9療養場所の選択と地域連携
ふりかえり
 
林 章敏
小林 剛
池田 真人
松田 洋祐
清水 正樹
中村 めぐみ

講師紹介

林 章敏
聖路加国際病院 緩和ケア科 部長
小林 剛
独立行政法人国立病院機構 渋川医療センター 緩和ケア科 医長
鈴木 正寛
NTT東日本関東病院 緩和ケア科 部長
池田 真人
聖路加国際病院 精神科 部長・リエゾンセンター長
長 美鈴
聖路加国際病院 緩和ケア科 副医長
松田 洋祐
聖路加国際病院 緩和ケア科 医幹
清水 正樹
国立がん研究センター中央病院 緩和医療科 がん専門修練医
中村 めぐみ
聖路加国際大学 研究センター PCC実践開発研究部 ナースマネジャー

開講済

以下のアンケートにお答えください。

ページの先頭へ