今日から使える! 看護に活かす 漢方医学セミナー

受付中

基本内容

開催日 2018年12月1日(土) ~ 2018年12月2日(日)
回数 全2回
時間 10:00- 16:00
受講料 無料(一般) 無料(本学学生) 無料(一般学生) 無料(本学教職員)
場所 聖路加国際病院 旧館5階 研修室A
対象・定員 対象:漢方医学に興味のある看護職
定員:50名(先着順)※2日間参加が原則となります。

講座の内容

看護師の多くは漢方薬を服用した経験があるといわれていますが、漢方薬を処方されている患者さんの症状の変化を見るとか、副作用をチェックするとか服用方法を指導するというケアを看護師として実施している方は少ないのではないでしょうか。こうした現状に一石を投じたいと考え、このセミナーを企画しました。
治療の選択肢として漢方を紹介するとき、あるいは西洋医学的視点だけでは患者さんの病態をアセスメントしきれない時、看護師たちが一歩を踏み出すことができるよう、そのきっかけづくりをしたいと考えています。
身近な漢方の話から聞いてみませんか。新しい生活スタイルを見つけられるかもしれません。

「今日から使える! 看護に活かす 漢方医学セミナー」ご案内チラシ

※当セミナーは研究センターPCC実践開発研究部事業です。
※開催内容及び当日のお問合せについては【山田研究室E-mailアドレス masaymd@slcn.ac.jp】にご連絡ください。
※尚、当サイト上の申込手順についてのお問合せは教育センター(電話03-5550-2436)までご連絡ください。

当日参加も大歓迎です!

講座スケジュール

日程 曜日 講座内容 講師
1 2018/12/1 【1日目】
10:00-12:30 講義
漢方医学のABC -看護に役立つ漢方の基礎知識-

12:30-13:30 昼食 ※お弁当をご用意しております

13:30-16:00 演習
漢方医学のフィジカルアセスメント -「四診」をやってみよう-
津田 篤太郎
渡辺 浩二
山田 雅子
吉田 千文
江口 優子
2 2018/12/2 【2日目】
10:00-12:00 講義
漢方薬に触れてみよう -漢方薬の特徴、注意すべき副作用、服薬指導で大切な点を学ぼう-

12:00-13:00 昼食 ※お弁当をご用意しております

13:00-16:00 グループワーク
漢方医学を取り入れて看護を考えてみよう -実際の症例に触れて学ぶ-
津田 篤太郎
渡辺 浩二
山田 雅子
吉田 千文
江口 優子

その他

【参考文献】
『未来の漢方』津田篤太郎/森まゆみ 共著 亜紀書房
『病名がつかない「からだの不調」とどうつき合うか』津田篤太郎 著 ポプラ新書
『漢方水先案内 医学の東へ』津田篤太郎 著 医学書院

講師紹介

津田 篤太郎
聖路加国際病院 リウマチ膠原病センター副医長、リウマチ・漢方専門医
渡辺 浩二
聖路加国際病院 女性総合診療部 医師
山田 雅子
聖路加国際大学大学院看護学研究科・教育センター生涯教育部長
地域看護専門看護師
吉田 千文
聖路加国際大学 教授
江口 優子
聖路加国際大学大学院 看護学研究科 博士後期課程 在宅看護学専攻

受付中

以下のアンケートにお答えください。

ページの先頭へ