認定看護師教育課程

認定看護師教育課程とは

本学の認定看護師教育課程について

本学は、キリスト教精神に基づいて、1920年に創立された聖路加国際病院付属高等看護婦学校を母体とし1964年に大学の認可を得たのちも、一貫して看護の開拓に先駆的に携わってきました。

聖路加国際大学教育センターは、看護の実践と教育をつなぐセンターとして、看護師として活躍されている方々に向けたキャリア開発プログラムを提供します。ここでは、少子高齢社会で生じている健康問題や社会の動向を、看護の視点でグローバルに捉え、科学的根拠を集積し、市民とのパートナーシップをとることのできる看護を多くの看護師の方々が実践できるようにと期待しています。

認定看護師教育課程は、教育センターの中の生涯教育部の一つのプログラムとして位置づけました。2008年度より、不妊症看護コース、がん化学療法看護コース、訪問看護コースを開講してきました。2015年度には、認知症看護コースを開講いたしました。

本学の認定看護師教育課程の特色は、優れた講師陣、ユニークなカリキュラム、充実した学習環境にあります。講師は、臨床経験および教育経験豊富な聖路加国際大学教員、聖路加国際病院職員ならびに各分野における研究機関や臨床における専門家が担当します。共通科目の講義や実習を一定期間に集中して開講する以外は、週2日間(金・土)の開講とし、平日の職場勤務を続けながら受講できるように配慮しています。図書館は国内有数の看護学関連書籍や雑誌を所蔵し、学内のパソコン・インターネット環境も整備されていますので、効果的に学習を進めることができます。

また、東京都心にあり交通の便もよいという特徴を、学びと生活の充実に生かしてみてはいかがでしょうか。新しい自分をきっとみつけられると思います。

認定看護師教育課程の教育理念

聖路加国際大学の理念に基づき、変化する保健医療福祉の領域において看護職として 質の高い能力を発揮することのできる人材を育成し、広く社会に寄与することをめざす。

認定看護師教育課程の教育目的

特定の看護分野において、以下のような能力を有する認定看護師を育成する。

  1. 複雑・多様化する社会および医療状況、健康課題を多角的に理解する視点、考え方を養う。
  2. 患者および家族の尊厳や生き方を尊重し、自律性や主体性を促す患者・家族中心のケアマインドを養う。
  3. 専門領域においてエビデンスに基づく知見や専門的技術を的確に獲得し、個別性や多様性を考慮した上で適用できる熟練した実践能力を養う。
  4. 専門家として倫理的配慮ができるとともに、質の高い医療サービスの保証に貢献できる実践能力を養う。
  5. チームのビジョンや方向性を理解するとともに、他職種と連携・協働してチーム医療の推進に寄与できる能力を養う。

ページの先頭へ