認定看護管理者ファーストレベルプログラム

認定看護管理者ファーストレベルプログラムとは

「深くて身になるファーストレベル」を受講してみませんか。日本の社会構造が大きく変化している今、看護管理者には深い考えに基づく問題解決能力が欠かせません。流されずに創り出す看護の楽しさをみんなで一緒に味わいたいと考えています

課程責任者:山田 雅子


本学の認定看護管理者ファーストレベルプログラムについて

本学は、キリスト教精神に基づいて1920年に創立された聖路加国際病院付属高等看護婦学校を母体とし、創立以来一貫して看護教育に携わってきました。1964年に大学の認可を得、現在は看護学部並びに大学院看護学研究科(修士・博士課程)をもつ大学です。2014年4月1日より、大学名称を聖路加看護大学から聖路加国際大学に変更いたしました。

教育センターは、聖路加国際大学の附置機関の一つとして位置づけられています。

『認定看護管理者ファーストレベルプログラム』は2004年度に開講致しました。2005年度には日本看護協会の認定教育機関となり、日本看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベルカリキュラム基準*に基づき実施しております。

教育理念

聖路加国際大学の教育理念に基づき、保健医療福祉分野における看護管理者として必要な基礎知識を習得し、組織やコミュニティでリーダーとして活躍できる能力を開発する。

研修生との対話を中心とした、臨床現場に密着した授業を行うとともに、研修生のキャリア発達に貢献する。

教育目的

  1. 看護専門職として必要な管理に関する基本的な知識・技術を習得する。
  2. 看護を提供するための組織化ならびにその運営に必要な知識・技術を事例と関連させながら考察 する。
  3. 組織的に看護サービスを提供するために諸問題を客観的に分析し記述する能力を習得する。

教育の特徴

  1. 聖路加国際大学の教員、看護師および学外の各分野の専門家が授業を担当します。
  2. 集中して看護マネジメントの学習を行なう夏季集中講習です。
  3. 聖路加国際大学の図書館、メディアルームなど充実した教育環境を提供します。
  4. 確実な問題解決手法を学びます。
  5. 大学は交通の便もよく、通学に便利な都心にあります。
  6. 認定看護師教育課程の研修生と交流する機会があります。多角的な意見交換が可能です。

看護マネジメントを学んでみようという意欲のある方をお待ちしています。

日本看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベルカリキュラム基準 教育目的

  • 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する

日本看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベルカリキュラム基準 到達目標

  1. ヘルスケアシステムの構造と現状を理解できる。
  2. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析できる。
  3. 看護管理者の役割と活動を理解し、これからの看護管理者のあり方を考察できる。

ページの先頭へ